声優>喉に何かつまっているような違和感を覚える梅核気とは?

喉に違和感を覚える梅核気とは?




風邪をひいているわけでもないのに喉に何かものがつまっているような違和感がある。心配だから病院で診てもらっても何も問題がないと診断される。

 

こういったことがあった場合、何も問題ないといわれても気になって仕方がありません。病院では原因不明のこの症状ですが、実は古くから知られているものになります。

 


梅核気

こういった症状の名前は梅核気。梅の核(種)が喉に詰まったように感じることが由来となっています。この他にも咽中炙臠(いんちゅうしゃれん)、ヒステリー球、神経性咽喉頭部狭窄症といった名前でも呼ばれています。

 

この梅核気は疲労やストレスなどの精神的な問題から起こります。そのため、実際に喉には何も異常が無いため、決して診てもらったお医者さんが藪医者というわけではありません。

 

ストレスがたまらないような生活が出来れば一番いいですが、生きていく中でそれは難しいので、しっかりとストレスを発散するようにしましょう。個人的にはカラオケに行って大声を出すのが好きです。

 

梅核気に効果のある漢方薬

ちなみにこの梅核気には半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)という漢方が効果的と言われています。ただし、漢方薬といっても副作用がありますので購入の際は十分に確認してください。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止