声優>酒好きがのどを痛めやすい理由、原因となるアルコールの作用

酒好きがのどを痛めやすい理由と原因




できることならいつでもどこでも声を出して練習したいという練習熱心な人も多いと思いますが、残念ながら練習してはいけない時があります。

 

夜中近所迷惑になるからという事ではなく、あなたのためでもあるちゃんとした理由がありますのでお話しさせて頂きます。

 

あまりピンとこないかもしれませんが、それはお酒を飲んだ後です。

 


お酒と喉

飲み会にカラオケに行った事がある人はわかると思いますが、飲み会のあとはなんだがのどがしまるような感じで声が出なくなったことないでしょうか?

 

事前にお酒を飲んでいるのでその通りお酒が原因なのですが、詳しく言うとアルコールを摂取した事により、血流がよくなるからです。

 

一見いい事のように思えますが、血流がよくなると喉が充血し、傷つきやすい状態になっているという事なので、その状態で発声なんてしては自ら喉に大ダメージを与えているようなものです。

 

ですので、お酒を飲んだ日はもうその日は楽しむ事に集中して、その分後日しっかり練習しましょう。

 

また飲み会の最中は周りに合わせて大声で喋りがちですが、それも喉を痛める原因になりますので気をつけてください。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止