【養成所】演技上達に繋がる授業中の時間の使い方

演技上達に繋がる授業中の時間の使い方




声優養成所の授業は10人〜20人ほどのクラスで行われます。そのため、あなたが見てもらう時間があれば他の人が見てもらう時間もあります。ではこの時間、どちらが大切だと思うでしょうか?

 

自分を見てもらうことが第一なので多くの人が自分を見てもらう時間と考えると思いますが、それと同じくらい大切にしてほしいのが他の人の時間。

 

授業では他の人の演技をしっかり聞くようにしましょう。それが演技の上達に繋がります。

 


人から学ぶ

他の人の演技を聞くだけでも勉強になりますが、大切なのはそれを参考にして練習すること。その人の演技はなぜ上手くきこえるのか、自分とどこが違うのを分析し練習することで、その人のように上手になれます。

 

もちろん、その人がされたダメだしも聞き逃さないようにして、自分が同じようなダメだしをされないように注意しましょう。

 

特にどんあ人の演技を聞けばいいのかというと、当然上手な人の演技ですが、難しいのが必ずしも上手な人が参考になると言えないところ。

 

なぜかというと、特に演技を始めたばかりの人の場合、実力差がありすぎて上手いんだろうけど何かピンと来ない、何がいいのかわからないという場合があるからです。

 

そういうときには、自分が興味を持てる人をみつけ、その人を参考に練習しましょう。

 

他人の時間も自分の時間

授業は自分の順番が終わったらおしまいという考えている人がいるかもしれませんが、他の人に使われている時間の方が圧倒的に多いです。

 

他の人の演技から学べる事はたくさんありますので、その時間を無駄にせず、自分の成長のために使いましょう。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止