【養成所】養成所での「ひいき」と声優になれるかどうか

声優養成所での「ひいき」と声優になれるかどうか




声優養成所は演技を学び、競うところ。そのため、基本的には演技の上手さが評価に繋がります。ただし、たまにあるのが先生による「えこひいき」。

 

演技の上手さではなく、見た目などで先生に気に入られる人など。残念ながらひいきは実際にあります。

 

そうなるとがんばっても意味がないんだとやる気がなくなってしまうかもしれませんが、授業でひいきされているからといってその人が声優になれるわけではないので気にせず自分の事に集中しましょう。

 


声優になるには関係ない

声優になるためには声優事務所に所属するためのオーディションに合格する必要があります。

 

そして、このオーディションは授業とは全く別のもの。審査員は声優事務所のマネージャーなど、普段授業を担当している先生ではないことが多いため、先生からの評価がその合否に関わることはほとんどありません。

 

そのため、ひいきされている人がいるからとやる気をなくしてしまうと、それこそが声優になれない原因になってしまいます。そんなことにならないよう、普段どおり積極的に授業に臨むようにしましょう。

 

授業はしっかり受ける

先生からの評価が事務所所属のオーディションの合否に関わることはほとんどないと書きましたが、養成所において全く関係ないわけではありません。

 

飛び級の制度があるところは、普段の授業の評価から選考していることもあります

 

オーディションでがんばるから授業は適当でいいやとだらけていると、演技が上達しないのはもちろん、このような損をしてしまうかもしれません。どんなことがあっても、自分のために授業はしっかり受けるようにしましょう。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止