声優>オーディション詐欺に合わないための確認ポイント

オーディション詐欺に合わないための確認ポイント




今はあまり聞きませんが、一昔前は実際にあったのがオーディション詐欺

 

有名な声優養成所を選んでいれば詐欺にあうことはありませんが、注意したいのがそれら以外でオーディションを見つけた場合。

 

詐欺にあわないために気をつけて欲しいポイントを挙げておきますので、よく調べてから応募するようにしましょう。

 


レッスン料の要求に注意

注意して欲しいのはレッスン料がかかるところ。といっても養成所にもレッスン料がかかりますが、養成所のオーディションは元々生徒を募集するためのものなので別の話。

 

問題なのは「オーディションに受かったらデビューできる」と謳っているにも関わらず、いざ合格してみたらレッスン料や登録料がかかるという場合

 

レッスン料だけ取られ続けて一向にデビューできなかったり、お金を振り込んだら連絡が取れなくなったりということがあります。

 

もちろんしっかりしたオーディションでも、実力を磨くためにレッスンを受けさせるということもありますが、その場合には予めオーディションの募集要項や合格時の待遇のところに記載があるはずです。

 

そのため、事前に何も告知が無いのに急にお金の話が出てきたらかなり危険です。

 

詐欺に合わないための確認ポイント

主催者

まず確認したいのが開催している会社。もしそのオーディションがしっかりしたものなら有名な声優事務所、アニメ制作会社など絡んでいるはずです。オーディションを開催している会社、協力している会社にそれらの名前ががあるか確認しましょう。

 

オーディションの実績

そのオーディションは過去に開催されているか、実際にそれでデビューしている声優がいるか確認してみましょう。デビューしている声優がいなければもちろん、はじめて開催するオーディションの場合は注意が必要です。

 

評判を確認

開催している会社やオーディション名で評判を検索しましょう。過去に受けた人の話などが出てくることがあります。

 

地方の人は注意

これらオーディション詐欺に特に注意して欲しいのは地方の人。

 

というのも声優養成所は関東に集中しているため関東圏の人には気軽に応募できますが、地方にすんでいる人は中々チャンスがなく、そういった状況でおいしい話を見つけるとせっかく巡ってきたチャンスだからと逃したくないと縋りたくなってしまうからです。

 

養成所以外のオーディションを受ける場合には十分に注意して下さい。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止