【声優オーディション】面接でよくある質問内容と合格のポイント

面接でよくある質問内容と合格のポイント




ほとんどの養成所の入所オーディションで行われる面接。面接では自己PRや質疑応答がありますが、自分で喋る事を決められる自己PRと違い、相手から何を聞かれるのかわからないのが質問のこわいところ。

 

どんな質問をされるか想定していないとしどろもどろになったり、悪印象を与えてしまいます。

 

審査員によってどんなことを聞いてくるかは変わってくるのでこれだけで覚えておけば大丈夫というものはありませんが、質問の例をいくつか挙げておきますので参考にしてください。

 


面接でされる質問

「どうして声優になりたいのか?」という質問がくると考える人もいるかもしれませんが、これについては多くの人が自己PRで言うため質問されることはあまりありませんし、あったとしてもすぐ答えられるので問題ないでしょう。

 

ただ急に質問されて困ってしまうのがどうして多くの養成所がある中、その養成所を選んだのか?という質問。

 

好きな声優が所属している事務所の養成所だから、そこで好きな声優が学んでいたところだから、アニメのテロップでよく目にしていたからなどなど人によって様々あると思いますので、これには答えられるようにしておきましょう。

 

養成所生活についての質問も

声優のことに限らず趣味のことや、高校卒業後すぐに養成所に入る人の場合は進学しなくてもいいのか、それについて親はなんと言っているのか、大学生の人の場合は大学に通いながら養成所に通えるのかなど、養成所に通うことについて聞かれることもあります。

 

こうして書いてみると、やはり人生を左右するものだからか、審査員の方々が親身に考えてくれている感じがしますね。

 

ネガティブなことはいわない

自己PRでも質疑応答でも気をつけて欲しいのがネガティブな内容にならないこと。

 

特に想定していなかった質問をされた場合。パッと頭に浮かんだことをそのまま喋ってしまいますが、そうなるとポロッとネガティブな発言をしてしまうことがあります。

 

例えば、上に挙げたなぜその養成所を選んだのかという質問の場合、現実的には金銭的な問題や日程の問題でそこしか通えない、養成所に通うことを決めたのがギリギリになってしまって応募できるのがそこしかなかったという理由もあるでしょう。

 

それをうっかりそのまま喋ってしまうとやはり印象よくありません。また、あわせて大切なのが元気よくはっきり答えること。

 

面接ではネガティブな発言は避け、また元気よくはっきりと喋るようにしましょう。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止