声優>アフレコやマイクワークの練習におすすめのマイクスタンドと注意

おすすめのマイクスタンドと購入の注意




ボイスレコーダーを使って自分の練習を録音して聞き返すことをおすすめしていますが、アフレコの練習をするにはマイクとマイクスタンドが必要になります。

 

以前安いものを紹介しましたが、マイクスタンドで問題になるのがその置き場所。これを踏まえて購入の注意とおすすめのマイクスタンドを紹介します。

 


場所をとるマイクスタンド

マイクスタンドは細長いため、そんなに場所をとらないと考えている人が多いかもしれません。ただ、マイクスタンドの足元を見てみると3脚になっているため、これが意外と場所をとります。

 

 

 

 

商品によって脚の長さは違いますが、私が持っているのは30cmとちょっとありましたので半径30cmのスペースが無いといけません。もちろん平行なところに置かないとグラグラしてしまうので、そういった設置場所を確保する必要があります。

 

使わない場合には脚をたたむことができますが、基本的には上記のスペースがないといけませんので設置場所を考えておきましょう。

 

 

マイクスタンドの種類

もう1つマイクスタンド購入の際に気をつけて欲しいのは、マイクの高さや位置が細かく調整できるブームスタンドがおすすめです。

 

ブームスタンド

 

ストレート

 

 

実際、アフレコの練習として使うだけならストレートでも問題ありませんが、その場合はずっと立っていなければなりません。ブームスタンドであれば、高さだけではなく横移動させることも出来るので、椅子に座りながら録音することが出来ます。

 

しっかりと声を出す事を考えると立っていた方がいいですが、ずっと立っているのも疲れますし、ナレーションなどの収録は座って行うこともあります。

 

それにブームスタンドの方が安いので、わざわざストレートを買う必要はありません。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止