声優>マイクを使ったアフレコ練習のメリットとボイレコ利用の注意

マイクを使った練習のメリットとボイレコ利用の注意




アフレコの雰囲気を楽しむためにはマイクとマイクスタンドを買いたいところです。しかし、マイクを買った場合にはそのマイクをつなげる機材が必要になります。

 

最終的にはPCに繋げることになりますが、マイクは直接PCに繋ぐことができません。そこで必要になるのがオーディオインターフェースと呼ばれる機材です。

 


録音機材

これらの機材は安くても5,000円〜10,000円程します。

 

そのため、録音することまで考えると大きな出費になりますが、最悪それらがなくてもマイクとマイクスタンドがあるだけで練習には役立ちます。

 

以前、アフレコの技術を上げるために必要な道具でマイクを使った練習は

 

・マイクとの距離
・マイクにぶつからない台本の距離・持ち方
・ペーパーノイズを出さない台本のめくり方
・マイクの左右どちらに立っても台本を読める技術

 

を身につけることができると書きましたが、これらは録音機材がなくともマイクやマイクスタンドだけで練習が出来ます。

 

ただし、この際にはボイスレコーダーは使わないようにしましょう。

 

 

ボイスレコーダー利用の注意

マイクから録音できない代わりにボイスレコーダーで録音しようというのは逆効果になります。なぜなら、ボイスレコーダーはマイクの位置とは違う場所に置くことになるから

 

マイクに向かって喋っているに録音しているのは違う場所。そうなると当然、録音されたものを聴き直したときに、声が小さかったかな?距離感がおかしかったかな?と違和感を覚えます。

 

しかし、これはボイスレコーダーがマイクとは別の位置に置いてあるせいです。ここでボイスレコーダーの録音に合わせて声の大きさや演技を修正してしまうと、本来なら出来ていた演技を崩してしまうことになりかねません。

 

マイクを繋げられないで練習する際にはあくまでマイク前の練習として行い、録音しての練習はまた別に行うようにしましょう。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止