声優>ノイズを出したらプロ失格!アフレコで求めらる服装

ノイズを出したらプロ失格!アフレコで求めらる服装




声優の仕事着というとどのような服装を思い浮かべるでしょうか?

 

会社員と違いスーツである必要はありません。ほとんどの人が私服かな?と思ったと思いますが、その通り声優の仕事は私服で大丈夫です。

 

しかしその私服の中にも守らなければいけない点があります。

 


アフレコ現場はノイズ厳禁!

声優が仕事現場=アフレコ現場で気をつけなければいけないのはノイズ。アフレコの現場では余計な音を出すのは厳禁です。

 

ノイズというと台本をめくるときのペーパーノイズを思い浮かべる人が多いと思いますが、服装がこのノイズにも関わってきます。

 

 

ノイズが出る服装

例えば、ハイヒールだと歩くときにコツコツと音が鳴ってしまいますし、上着にたくさん飾りがついていればチャラチャラと音がなってしまいます。

 

殆どのアフレコ現場は防音のため絨毯が敷かれていたりしますが、それでもノイズになる可能性があるものは控えるにこしたことはありません。

 

そういった音がマイクで拾われてしまうとアフレコが進められませんので、声優の仕事ではおとなしい服装にしなければなりません。

 

 

声優=裏方

そもそもアフレコは表に出る仕事ではないので飾る必要はありませんので。声優の服装にはノイズを出さないようにするという事だけ覚えておきましょう。

 

ちなみに雑誌のインタビューなどで表に出る場合にはスタイリストさんがつくでしょうから基本的に上記の点以外では服装には気を使わなくて大丈夫です。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止