声優>アフレコってこんなに大変!アフレコの作業内容

アテレコってこんなに大変




声優がアニメに声をあてるアフレコ、そのアフレコ現場を想像してみてください。

 

台本を見て、演技をしつつ、それをアニメの映像に合わせる…台本を見て、アニメの映像に合わせる…台本…映像…

 

このとおり見なければいけないものが2つあります。そして、台本も映像もどんどん進んでいくので、目線が台本とアニメ映像とをいったりきたりするわけです。しかもその上映像に合わせて演技をしなければいけません。

 


アフレコで気をつけること

このように、声優はとんでもなく器用なことをしています。そのうえでさらに、台本をめくる音を出さないように、マイクに拾わせないようにだとか、自分の出番が終わったらすぐにマイクから離れるだとか…

 

細かいことを挙げるとキリがありませんが、気をつけなければいけない事がたくさんあります。

 

言葉で書いてみると大変な作業に感じられると思いますし、実際大変な作業には違いないのですが、これらは慣れるとできるようになります。

 

声優の養成所では演技の他に、ここに書いたような声優ならではのことを学びます。小さな事なのでおざなりにしてしまう人がいるかもしれませんが、いくら演技が上手でもこういった事ができないと声優は務まりませんので注意してください。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止