声優>声優は器用でないと難しい、アフレコの方法

声優は器用でないと難しい、アフレコの方法




皆さんは器用な方でしょうか?それともちょっと不器用だと思いますか?私は不器用で、何か1つの事をしていながら他の事をするというのがどうにも苦手です。

 

さて、声優がアニメに声をあてる「アフレコ」ですが、その作業は実はとんでもなく大変なものです。アニメのアフレコ現場を見たことがある人がいるでしょうか?

 

最近では声優雑誌や、TV等でもその様子が映されることがありますし、声優の養成所等でアフレコ体験をしていることもあるので、実際に体験したことがある人もいるかもしれません。

 


声優の仕事

声優は役を演じるのが仕事です。しかし、俳優と違いその場所で自由に演技するわけではなく、アニメの映像に合わせて演技しなければいけません。

 

ここで問題が出てきます。アフレコの現場では声優さんが台本を持っています。もちろん自分のセリフを暗記している人もいますが、実際には当日急にセリフが変わったり、追加されたりすることがあるので台本を持たずにアフレコする声優はほとんどいません。

 

「台本をもってアフレコをする」。慣れてくれば簡単なことですが、最初はなかなかできないものです。

 





 
TOP 養成所の選び方とアドバイス 声優オーディション対策 声優になるには?上京編
コピー禁止